CareStationJapanニュース

大道芸と社会科を融合した「大道芸エデュテインメント」の提案/大道芸人たっきゅうさん

大道芸と社会科を融合した「大道芸エデュテインメント」の提案/大道芸人たっきゅうさん

京都大学経済学部卒業という異色の経歴を持つ大道芸人「たっきゅうさん」こと田久朋寛氏が、地理のクイズ、世の中の仕組みを学ぶコーナー、プレゼンの極意などといった、子供に役に立つ社会科の知識とコミカルな大道芸を融合した「大道芸エデュテインメント」を構築し、2015年より本格的に学校や各種施設への出張授業を開始した。
小学校の社会科(身近な職業について学ぶ)、総合授業、道徳の授業に適した内容になっている。

※エデュテインメント エデュケーションとエンターテインメントを合わせた造語で、楽しみながら学習にもなるコンテンツのことを表現した言葉。

●大道芸エデュテインメントの内容
「大道芸エデュテインメント」は、楽しい大道芸の実演に加え、以下の内容の授業を行う(約60分~90分)

1.職業や社会との関わり方について考えるコーナー
「たっきゅうさん」は、こども病院や老人介護施設などを積極的に訪問している。
そういった活動の中で、自分の好きなことを通じて人に喜んでもらえること、社会の役に立てることの素晴らしさを知った。
「世の中の仕事はすべて人の喜びに通じる」というメッセージを伝え、子供たちに将来どのように社会と関わっていきたいか考えるきっかけを与える。

2.地理クイズコーナー
「たっきゅうさん」は、日本全国の観光地で大道芸をしてきたのみならず、被災地への慰問活動も経験した。
写真をふんだんに交えて、日本全国の地理に関するクイズを出しながら、たっきゅうさんの活動の様子を伝えていく。
大道芸の仕事を知るのみならず、勉強にも役立つ知識を伝授する。

3.プレゼン極意伝授のコーナー
長丁場の授業で子供の集中力が切れてきた時には、休憩も兼ねて簡単なマジック教室を開催する。マジックはその場ですぐにできる簡単なものだ。
抽選で当たった子供には、実際にみんなの前で実演してもらう。
その中で、プレゼンテーションの極意や、観る側のマナー等も話しもある。

その他、要望にあわせて、確実に夢を叶える方法、ヒラメキの生み出し方などの内容を入れることも可能だ。

●費用
応相談。出張授業のための予算を十分に取れない学校は、文化庁による「芸術家の派遣事業」などの公的制度を活用していただく方法もある。

●大道芸人「たっきゅうさん」のプロフィール

本名は田久朋寛(たきゅうともひろ)です。
子供に呼んでもらいやすいように「さん」までつけて「たっきゅうさん」という芸名にしています。
日本全国で活動中の大道芸人で、本格派のジャグリングと楽しいトークで楽しませる王道スタイルの大道芸ショーを行っています。
野田元総理大臣を輩出した千葉県立船橋高校を経て、京都大学経済学部卒業、同大学大学院人間・環境学研究科博士課程退学という異色の経歴を持っています。
芸術祭神戸ビエンナーレ入賞などの受賞実績があります。
2013年には専門である統計学を駆使して芸人向けのスマートフォンアプリを開発し、そのニュースは多くのメディアに報道されました。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:大道芸人たっきゅうさん
担当者名:田久朋寛
TEL:090-1956-5936
Email:jugglertakyu@yahoo.co.jp
HP:http://takyu.jp