CareStationJapanニュース

JIMA、教育機関向けのネットトラブル相談窓口を設置

JIMA、教育機関向けのネットトラブル相談窓口を設置

子どものネット利用に関わる啓発活動を行っている「一般社団法人 日本情報モラル推進機構(JIMA)」が、教育機関向けのネットトラブル相談窓口を1月15日より設置、公開した。 ネットいじめや炎上問題、ネット依存への対処や、情報モラルの指導・講演に関する相談を無料で行うことができる。

■ネットトラブルの相談窓口を教育機関向けに無料で設置
スマートフォンの普及により、ネットはますます身近で便利なものとなった。一方で、サイバー犯罪や人権侵害、個人情報流出といった、ネットの負の側面もより深刻な問題となりつつある。
特に、ネットの危険について充分な知識を持たない「子どもたち」が、無防備なままに犯罪に巻き込まれたり、身近な人間関係を損なったりといった事件が多発していることは、社会全体で解決すべき喫緊の課題と言える。

しかしながら、情報モラルに関する支援の仕組みはまだ充分に確立されていない。そこで、一般社団法人日本情報モラル推進機構(JIMA = Japan Information Morality Association)では、2015年1月15日より、主に小中高校向けに無料の相談窓口が設置された。
ネット利用に伴うトラブルはもちろん、児童・生徒への情報モラル指導や講演に関しても相談を承る。警察や医師による対応が必要なケースでは、専門の相談窓口を紹介する。

【ネットトラブル】
・ネットいじめ / 人間関係のトラブル
・誹謗中傷の書き込みへの対応
・ネット依存による不登校
・ゲーム課金などによる金銭トラブル
・不適切な書き込みによる炎上
・個人情報や写真の流出
・詐欺や脅迫などの犯罪被害

【情報モラル教育について】
・児童・生徒のネット利用に関するルール作りについて
・情報モラル講演のご依頼・ご相談
・学級活動や、総合的な時間での指導方法について

-----------------------------------------------------------------------
●ネットトラブル相談窓口 (教育機関向け)
一般社団法人日本情報モラル推進機構(JIMA)
担当:笹本英里
TEL:0778-62-3793  FAX:0778-62-3794 (株式会社ウォンツ内)
E-mail:sasamoto@wants.jp
-----------------------------------------------------------------------

■JIMAについて
一般社団法人日本情報モラル推進機構(JIMA = Japan Information Morality Association)は、「子どもとネット」の諸問題を主に情報モラルの視点から解決すると同時に、子どもたちが持つ "デジタルネイティブ" の力を存分に発揮できる社会を築くことを使命として2014年7月に設立された。

・名称:一般社団法人日本情報モラル推進機構 (略称:JIMA / ジーマ)
・理事長:竹村順吾
・所在地:〒916-0073 福井県鯖江市下野田町4-1-3
・TEL:0778-62-3793/FAX:0778-62-3794
・JIMA Facebookページ: https://www.facebook.com/jima.info

■JIMAの主な活動
●情報モラル講演・啓発活動
主に小中高校にて、子どもたちや保護者、教育関係者向けの情報モラル講演を行う。ネットの危険性だけではなく、その素晴らしさもバランスよく伝え、子どもたちがインターネットを正しく安全に使いこなせるようになることを目指す。

●安心・安全なネット環境作りへの貢献
子どものネット利用に関するアンケートを実施するほか、ネット関連企業や行政、警察などと連携して、子どもたちが安心・安全にネットを使える環境を整備するための提言や活動を行う。

●情報教育の拡充
ICTの利活用を現代社会の「生きる力」と捉え、子どもが情報教育を受ける機会を拡充する。全国のパソコン教室と連携したジュニア向けのICT教室の開催や、プログラム、マルチメディアといったデジタル専門技術の指導を行い、未来のIT社会の発展へと寄与する。

■本リリースに関するお問い合わせ先
一般社団法人日本情報モラル推進機構(JIMA)
担当:笹本英里
JIMA Facebookページ: https://www.facebook.com/jima.info
TEL:0778-62-3793 FAX:0778-62-3794 (株式会社ウォンツ内)
E-mail:sasamoto@wants.jp