CareStationJapanニュース

“特殊指技”で、月に一度のメンテナンス

“特殊指技”で、月に一度のメンテナンス

神指一門 特殊指技師 神矢 涼平さん

CSJライター
主にアスリートたちの身体のメンテナンスをすべく、“癒しのマッサージ”だけでなく即効性に長けた“特殊指技”を提供している『神指一門』。その指技は、シビアな環境で身体を酷使するアスリートたちから“神の指”と讃えられ、彼らのパフォーマンスを支えている。プロスポーツ選手が認めたその技術を用いて、現在はアスリートだけでなく、どんな方でも日々の身体のメンテナンスを行うことの重要性を推進し、生活習慣病等の改善への手助けなどを行っている。
そんな神指一門が今回新たな取り組みとして、介護従事者向けの出張施術サービスを開始した。出張サービスは神指一門として初めての取り組み。今回の新しい介護業界への進出について、特殊指技師 神矢 涼平氏に伺った。

「神指一門」の活動内容を教えてください。

私たちは、『月に一度のメンテナンス』として、固まった筋肉や疲労した体をフラットにする“特殊指技”を用いたマッサージ療法をお客様にご提供しております。即効性があるため、施術時は多少の痛みを感じることもありますが、これまで良くならなかった症状や、一生治らないのではと諦めている方が1度で改善されたというケースもあり、多くの方にご支持をいただいております。

介護従事者向けのサービスを始めたと伺ったのですが。

はい、以前私は介護現場のお手伝いをさせていただいた経験があるのですが、その際に腰痛・偏頭痛・肩こりなど、肉体的疲労が従業員の方の負担になっている現実を目の当たりにしました。介護士さんは無理な体勢で重いものを運んだりと体力を使うので、筋肉の固まっている箇所が広範囲に渡ります。放っておくことで、結果的に大きな怪我へと繋がってしまうリスクがありながらもなかなか自分自身のケアにかける時間がなく、痛みを抱えながら働いている、という方が多くいらっしゃいました。私たちは『ケガの予防』を根本に日々活動しております。普段は皆さんどうしても身体に対しての意識が薄く、『痛くなってから治療する、病院に行く』というのが現状です。身体を休ませることも大切ですが、未然に察知できる状況があるならば、症状そのものを防ぐことができるのです。そこで、私たちが必ず伝えているのが『定期的な体のメンテナンス』です。どれだけ体調に気を配って仕事をしていても、身体自体が壊れてしまったら意味が無くなってしまいますし、仕事に対する影響は大きいです。忙しい介護士さんが来訪することが難しいならば、私たちが定期的に事業所へ伺い、身体のメンテナンスをさせていただくことで、ケガを未然に防げます。そうして日々の仕事へのモチベーションも上げていただきたい、という思いからこのサービスが始まったのです。

「特殊指技」とは、一般的な指技とはどのような違いがあるのでしょうか。

特殊指技とは、神指一門独自で認定した民間資格であり、国家資格師が行う医療行為とは異なる施術です。資格が必要な訳ではありませんが、弊社代表の岩田が師匠から習得した技法を受け継ぎ、そして私たちは岩田の下で修行し習得をしました。神指一門独自の技術を使って施術を行っているのは、岩田を含め日本で10人もいません。
マッサージなどの“癒し”とは違い、筋肉を押していくので、筋肉が固まっている部分を取り除く際には痛みが生じます。私たちの施術は即効性を重点においているので、痛みが生じる代わりに施術後の変化をすぐに感じていただけることが多いです。「重い」「痛い」と感じていた部分も施術が終わった後には「軽い!」と感動していただけるかと思います。

出張サービスに規定などはありますか。

出張サービスは3名様以上から予約が可能で、基本的には営業終了後や休憩中などを利用して施術を受けていただいております。ただ、せっかく施術で身体を楽にしているので、施術前よりも楽に仕事をしていただく、といった意味でも、営業時間や勤務中にうまく時間を使い、施術を受け入れていただける環境をつくれたらと、現在模索中です。

最後に、介護職の方々へ向けたメッセージをお願いします。

介護スタッフさんは普段ご利用者に頼られるお仕事なので、自分が誰かに頼るということに少々抵抗を持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし私たちは人の身体を楽にするスペシャリストですので、身体のケアに関しては無理をせず是非プロに頼っていただきたいと思います。
何に置いても身体が資本となります。お忙しい介護職の皆さんも“時間がないから”と諦めてしまうのではなく、こういったサービスを活用いただき、ご自身の身体とうまく付き合いながらお仕事を負担なく続けていただけたらと思っております。
介護現場では、あらゆるシーンで身体全体を使って利用者をサポートする。無理な体勢が続くと、知らず知らずのうちに身体に負担がのし掛かっていることも少なくないだろう。とはいえ、休みの度に治療に通うというのも、現実的には難しい。そう考えると、働きながら身体のケアが出来るということは、出張サービスならではの利点でもある。
『月に一度のメンテナンス』のきっかけとして、身体と真剣に向き合ってみてはいかがだろうか。

その他の最新CSJ記事INTERVIEW