CareStationJapanニュース

コンサルタントお勧めの商品が買える!

コンサルタントお勧めの商品が買える!

日々の買い物の見直しで、気持ちと予算に余裕を提供。

CSJライター

写真:しゃ:らくサイトTOPより引用

普段生活していると、毎日使う消耗品が無くなっていることに気付き慌てて買い物に行く、なんてことありませんか?
いつも使っているからマメに在庫を管理していても、忙しかったり、荷物が多くて持てないから後回しにしてそのまま忘れたり、といった経験をしたことがある方は意外と多いかと思います。
それは介護事業所でももちろん同じで、むしろ多くの方が利用する場であるため、消耗品を使用する回数・頻度は一般家庭よりも多くなります。しかし、使えば使う分だけ買い出しの回数が増えるのも事実で、食材、入浴介助用品、排泄介助用品や、冬場特に気になる衛生用品も、一つひとつ探しに出歩くのはとても時間とお金と労力が掛かります。
規模により異なりますが、週に2~3回ほどの買い物が必要とあっても人と時間の関係上ゆとりを持って買い物をすることは厳しく、送迎の合間の限られた時間に買い出しに行くケースも多々あります。
介護職員の本来の業務はご利用者の生活のサポートですが、そのサポートを円滑に行うためにも買い物にかける労力は出来るだけ減らしたいところでしょう。
そこで今注目されているのが「ネット通販」。
ネット通販では、
・重い荷物を自動的に事業所まで運んでくれる(楽さ、手軽さ)
・近所で取り扱っていない商品が見つかる
・価格の安さを追求できる
など様々なメリットがあります。
もちろん現物を見て決めたい、という方もいるでしょうが、一度購入したことがある商品であれば、わざわざ買いに行く手間が省け、さらに安く入手できるとなれば“買い物から年間のコストの見直し”が出来るのも魅力となるでしょう。

使用にあたり、やはり悩むのが「どこの通販サイトを使うべきか」。
介護・医療・福祉事業所に関しては、その分野に力を入れているサイトを使用することがお勧めではありますが、さらにプラスでの使用メリットがあると、より一層利用する意味を持てるかと思います。
現在様々なサイトが存在しますが、今注目すべき通販サイトは最近オープンしたばかりの介護・医療・福祉業界専用の無料会員制サイト「しゃ:らく」。
コスト削減や請求の一本化が行なえるなど運営についてのメリットもありますが、一番のポイントは「専門家による商品紹介」があるという強みです。
介護業界で活躍するコンサルタントたちがお勧めする商品がジャンルごとにピックアップされており、それぞれコンサルタントからのアドバイスやポイントの伝授など、購入以外にも収穫がある、というところがサイトの差別化でいうポイントとなるでしょう。

写真:しゃ:らくサイトTOPより引用

「しゃ:らく」は、“社員らくする”“社長助かる”“ご利用者輝く”といったトライアングル形式で好循環を提供することをコンセプトとして掲げています。
会員登録は無料。現在オープン記念で1,000円割引を行っているので、コンセプトに共感した方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

その他の最新CSJ記事INTERVIEW