CareStationJapanニュース

圧倒的な安さがスプリンクラーの常識を変える!

圧倒的な安さがスプリンクラーの常識を変える!

小規模事業所向け次世代型スプリンクラーが新登場。

CSJライター

NEOスプリンクラーRX画像

平成27年4月1日から、消防法施行令の改正により、小規模・大規模に関わらず介助がなければ避難ができない高齢者・障害者が入所する施設のスプリンクラー設置義務化が決定されました。まだ設置をしていない事業所も、猶予期間内の設置へ向け動き始めているところも多いのではないでしょうか。
そこで問題になるのが、「設置費用」。設置義務とはいえ、コストのかかるスプリンクラーは簡単に購入できるものではありません。
できるだけ安く、経費圧迫を避けられるものを選びたいのはもちろんですが、機能や安全面は落とすことはできません。
とはいえ一般的な“水道直結型タイプ”に考えられるリスクは様々です。

【従来の水道直結型に考えられるリスク】
・スプリンクラーは設備のため、一括での購入が通常
・消防法、水道法、建築基準法など、様々な規則性がある
・古い家屋の場合、重みで天井崩落の可能性がある
・設置のために休業日をつくる必要性がある
など、介護事業所において費用だけでなく、設置までに考慮しなければならない点が多々あります。

そんな中、水道直結型スプリンクラーのリスクを払拭することができるスプリンクラーが2016年秋を目途に販売されることとなりました。
その名も『NEOスプリンクラーRXⅡ型』。
NEOスプリンクラーRXⅡ型は、防火安全性能において優れており、水ではなく防火剤を使用しているため、従来の水道直結型スプリンクラーのリスクを解消しつつ、同等以上の効果を発揮する次世代のスプリンクラー設備です。
NEOスプリンクラーRXⅡ型の最大の特徴は圧倒的な安さ。
なんと13区画(約169㎡)までであれば300万円以内に収めることができるのです。
小規模施設向けのコンパクトさでありながら、消火性能も水の約4倍となり、これまでの悩みも解消できる新しい提案となりそうです。

さらに、販売元となる「株式会社Clotho」では、業界限定のリース契約も可能としており、もちろんリース契約ができるのは「Clothoだけ」となります。
これから設置をお考えの事業所の皆さん、まずはお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

■株式会社Clotho(クロト)
本社所在地:〒130-0026 東京都墨田区両国1-12-8 両国ミハマビル3F
TEL:03-6240-2055 / FAX:03-6240-2066
HP: http://www.team-clotho.com/

その他の最新CSJ記事INTERVIEW